FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

商売において、食べ物以外の商品にも賞味期限があります。





こんばんは。Akiです。

今日は、部屋の片づけをしていたら、
昔聞いた懐かしいCDが出てき足り、
昔よく遊んだものが出てきたりと
なかなか、片付けが捗りませんでした。


今回のテーマは、
商売において、食べ物以外の商品にも賞味期限があるという話です。
確かにスプレー缶や、化粧品、シャンプーなどに
消費期限が記載されていますが、
この事を言っているのではありません。


今回の話は、商売において売れる商品と、
もう売れないであろう商品の見切りの話です。
ネットショップで商品を販売していると、
どうしても価格競争になりがちです。

しかし、商品を売るのではなく、
ショップや自分を売りに出すと、
価格競争をしなくてもお客様は、
商品を購入してくれます。

そして、その商品に満足してもらうことが大前提になります。
そこにプラスアルファーの満足を与えられると、
また、このショップで買いたいという気持ちが働きます。

ネットショップでは、口コミが結構モノを言います。
悪評が多い場合、敬遠されがちになり、
売り上げが落ちる可能性もあります。

逆に口コミで良いコメントが多い場合は、
安心して買ってもらえるようになるので、
新規購入の顧客が増える要因になります。

Akiのネットショップの評価は、約97%がいい評価を頂いています。
残りの2%が感違いで評価をした人と、
0.006%のクレーマーと同業者の嫌がらせ、き○がいです(^_^;)
ネットショップを経営していて、
100%良い評価を取り続けるのは不可能です。


しかし、実際には100%の良い評価を取り続けているショップもあります。
やり方が違います。気になる方は、100%の良い評価を取っているショップから
購入して、ショップの対応が悪かったり、商品が粗悪だったら、
悪い評価とコメントを残してみると判ると思います。

100%を取り続ける理由が判ると思います(^_^;)
そんなことをしていなくても、やることをちゃんとやって、
真摯な対応をすれば、90%後半の良い評価は貰えます。


ただ、評価にビビり過ぎて、
お客様に低姿勢過ぎると、
今度は、自分自身の首を絞めかねないので、
Akiの場合は、どんな状況でも、
お客様とAkiの関係は対等だと思ってやっています。

一度、お客様のかなりの口論になった時には、
Amazonからアカウント停止にするよ!って警告が来た時があったけれど(;一_一)



話がちょっとズレましたが、まとめると
商品は、価格競争をしなくても、信頼関係や、
他にはない自ショップの魅力があれば、
高くても商品は売れるということ!


ただ、タイトルにも書いた様に、
商品には賞味期限があるので、
ある程度売れない商品に関しては、
見切る必要があります。


それが、流行りによる商品ならなおさらです。
例えば、去年爆発的に売れたおもちゃでも、
今年のクリスマスに売れるかと言ったら、
おそらく売れません。

去年の爆発的に売れていた頃の設定金額より、
低くしたら売れるかもしれません。
そうです。見きりにのタイミングが必要になってきます。

多種多様な商品を扱っていると、なかなか、
みきりのタイミングが判らなくなるので、
ある程度の時期が過ぎたら、
もったいないかもしれませんが、
見切るか、廃棄を考えた方がいいと思います。


期間にしてどのくらいと疑問に思う人もいると思います。
Amazonの場合、商品の回転率が、4だと理想だといわれています。
4カ月で、在庫が1回転する計算になります。
4カ月ということは、120日で商品在庫が1回転です。

商品在庫が1回転とは、
例えば、現在の商品の在庫が1000個あったとします。
それが4カ月(120日)で全部掃ける計算になっています。
ただ、商売をしていて、
120日間在庫を補充しないお店はないだろうし、
減った分は補充するのが当たり前になっていると思います。


その為に、今日、1000個の商品を仕入れて、
出品をしたら、今日から4ヶ月(120日)後に
4か月前に仕入れた商品の売れ残りを処分するのが、
理想的だと思います。

この売れ残りの処分する商品を、
不良在庫と呼びます。

不良在庫は、在庫の大体、3%前後に抑えると良いと思います。
これより、不良在庫が多いと経営に問題があるので、
見直す必要があります。


不良在庫が多い理由はそれぞれ違うので、
売れなかった理由を分析しなくてはいけません。

Akiのショップの場合は不良在庫は約10%弱です。
上記の事を考えると不健全な経営になります。


Akiは以前のブログにも書いてありますが、
ルールをちゃんと守る派ではありません。
その為に、敢えて売れない商品の仕入れも
しています。

その他にも、Amazonで良くある1円商品も
良く仕入れます。1円商品の出品している
ショップが100店近くあっても、
敢えて出品します。

1円ショップの場合、自宅配送なので、
送料込みで252円の商品になります。

Akiの場合、252円の自宅配送のショップの値段に対して、
600円代の値段で出品します。
お客様からしたら、約350円位の差があります。
1商品の倍以上の値段です。

でも、売れます。殆ど売れます。
商品がそんなに良くなくても売れます。
そこが、価格競争に依存しない商売なのです。

先に書いた、売れない商品を売るというのは、
はっきり言って売れません。
ただ、売り方次第では、無価値に等しく、
販売予測250日以上の商品が10日以内に売れる事が、
あります。その時期に販売の機会を得られなかった商品は、
殆ど売れません。
これらの売れない商品を売る方法があるにはあるのですが、
それを見てくれている人がいるかどうかが問題になります。

そこにひっかけるのがコツになります。
画像がないものは、スキャナーで読み込んで、
アップロードする。
商品説明に、売れる工夫を施す。
商品説明に売れる工夫を凝らしていない人が多すぎです。
Akiのやっている方法を使用している人は見たことがありません。
この一言を付けるか付けないかで、売れるか売れないかは断然変わってきます。
ただ、一つ一つの商品に付いてあることを調べなくてはいけないので、
労力は伴います。

それでも、そんな売れない商品に、
他のショップは1000円とかの値段を付けているのにもかかわらず、
6000円と6倍も価格を上げても売れてしまいます。
決して騙しているわけではありません。
買ってくれたお客さまにもメールで、
価格が高いけれど、大丈夫ですか?
みたいなメールは送っています。
それでも、返品するお客様は殆どいません。

大半の商品説明に工夫をしていたとしても、
何冊かえば何円値引きとか、返金・返品承りますとか、
迅速配送や、Amazon倉庫から発送みたいなのが、
多いです。

多くの人がやっていること書いても、
誰の目にも止まりませんよーって
言いたくなります。


そんな感じで、ルールを逸脱して遊んでいる部分もあるので、
不良在庫が約10%弱になってしまっているわけです。
ただ、途中から考え方を変えて、
利幅の大きい商品の仕入れをするようになってからは、
不良在庫が10%弱でも全然平気です。

しかし、折角仕入れた商品だから、
出来るだけ処分はしたくないと思うので、
目標の3%を目指しましょう。


…ということで、今回は、食べ物以外にも、
賞味期限があるという話でした。
それでは、また会いましょう!



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アキ

Author:アキ
アキと申します。一部上場の企業を辞め、独立をしてスモールビジネスを展開中です。
他人の時間に生きることを辞めて、自分の時間を謳歌する。人生楽しいことばかりじゃないけれど、生きたいように生きて、自分の夢へ向けて邁進中!しあわせのカタチを手に入れよう(^_^)/

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
PR
バッキーおすすめ
バッキーおすすめ
中古本の買うなら…
空き時間でサクッとこづかいを稼ぐ
せどりで稼ぐならここがおすすめ
http://system-sedori.com/optin_free/?a=yEgX
初年度年商1億売り上げた京大MBA卒の講師が、最速で1億円に到達する道筋をPDF
http://system-sedori.com/letter/kigyou/affiliate/?seminar_no=0&a=yEgX
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。